CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
セリミエ・ジャーミー @エディルネ・トルコ
 竣工前の現場の追い込みなどで忙しく、なかなかトルコのことが書けないのですが、とりあえず始めてみます。

 今回のトルコ訪問は、仕事の打ち合わせがきっかけではあるのだけど、オスマントルコ時代の建築家ミマール・シナンの作品を見て回ることがもう一つの目的。16世紀に活躍したミマール・シナンは、97年といわれる生涯で造った建築作品は477に及ぶという。彼の設計した大小のモスク、廟、ハマム(公衆浴場)、橋を見て回り、彼の墓を参り、そして彼が最期を迎えたというハマムの小部屋で祈りを捧げてきた。

彼の活躍した時代は、ヨーロッパにおけるルネサンス、日本における安土桃山時代とほぼ同じ頃。その同時代性と違いについてもゆっくり考えてみたいと思っている。



これは、トルコと西端部の都市エディルネのセリミエ・ジャーミーというモスク。シナンが87歳の時の作品であり、彼が自ら最高傑作と呼んだ作品だという。



ドーム近景。イスタンブールのモスクに比べて使われている石材が黄色味を帯びていて、とても軽やかな印象。



内部に射し込む光。祈る老人。



おそらく彼にとって1000年以上前(AD537年)にイスタンブールに完成した「アヤ・ソフィア寺院」は、あらゆる意味で手本であり乗り越えるべき対象だったと思わざるをえないのだけど、彼はこのモスクのドームで初めて「アヤ・ソフィア」をしのぐ大ドームを架けることに成功する。ただ、それまでの彼の作品の遍歴にみられる試行錯誤を見てみると、単により大きなドームを架けたというだけでない、もっと別のテーマの追求があったのだろうということを感じました。


| @アジア | 02:34 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
トルコの縁 @サフランボル


 これはトルコのサフランボルという町の写真。撮影したのはもう十年くらい前。当時はホテルが一件しかなく、知る人ぞ知る小さな素敵な田舎の町だったが、世界遺産に指定されたおかげでその後急激に観光客が増えたと聞く。谷に面する斜面に木造の住宅が建ち並ぶ景観はホントに素晴らしい。イスラム文化圏の住宅は周囲には閉鎖的で中庭を持つタイプが多いのだが、この地域は見晴らしのよい傾斜地に建てられた独立型の住宅が特徴。



 これは街路の写真。一階部分は石造りで、木造の二階,三階部分が張り出すように建てられている。先日「世界住居誌」でサフランボルの住宅について執筆したことを記したところ、トルコの研究をしておられる方から書庫+書斎を新築したいとの依頼。これもトルコの取り持つ不思議な縁。その書庫に入る本の量がトルコ関係の書籍だけでなんと3トン!だそうだが、冊数でなくトン数で表現しておられたのが新鮮だった。
| @アジア | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
風の塔 @ヤズド・イラン


先日発売された「世界住居誌」(編-布野修司 発行-昭和堂)にて「ラサ・中国チベット自治区」「サフランボル・トルコ」「ヤズド・イラン」の住居について執筆しました。それぞれ過去に旅行や研究で訪れたことのある街で、どの都市も住居も個性的で、強烈な印象が残っている。



 写真は旅行中に撮影したイランのヤズドの街角の様子。雨のほとんど降らない沙漠のなかの都市で、生活用水は100キロ以上離れた山脈の雪解け水を地下水路で引いてきている。狭い街路を歩いても、土と空しか見えない。土の壁の上に見えるのは、中庭や部屋にに風を引き込んで暑さを和らげるための「風の塔」。中庭はザクロやブドウが実る緑の楽園で、街路とは別世界。
| @アジア | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/2PAGES |