CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
建築巡りと展覧会@高知
 さる16日、高知工科大学の学生による仮想の都市プロジェクトの展示会「山田弐零零九」のオープニング座談会に呼んで頂いて、15年ぶりくらいに高知に向かう。

四国山地を北へ流れる吉野川の上流、大歩危小歩危渓谷を列車が通る。実は僕は大学時代に折りたたみ式のカヌーを背負って日本のあちこちの川を下り歩いていた時期があり、この吉野川は激流で知られていて、恐れをなして一度も挑戦せずじまいの川だった。


列車は急峻な斜面に這いつくばるように渓谷に沿って走り、斜面の上のほうにはこれまた斜面にへばりつくように民家が建っている。そんな山中の家々ののっぴきならない建ちっぷりを見ると、建築が本来持っている「切実さ」を久々に思いだした。


高知駅は内藤さんの設計だったと、駅についてプラットホームに降りてから気がついた。この爽快なスケール感は日本の駅舎にはあまり無かったものだ。

京都を早めに発って時間があったので、まずは今回の展覧会のコーディネーターである高知工科大学の渡邊菊眞氏のおすすめである、沢田マンションに見学に行く。
 『ウィキペディア』によると、

沢田マンションは、高知県高知市薊野(あぞうの)北町に、素人が独力独学で建てた鉄筋コンクリート造の集合住宅である。鉄筋コンクリート建築を専門職として手掛けたことのない者が、夫婦二人で(のちにはそのも加わって)造りあげた。通称、「沢マン」(さわマン)、「軍艦島マンション」。現況は、鉄骨鉄筋コンクリート構造、敷地550、地下1階地上5階建て(一部6階)、入居戸数約70世帯、約100人居住。増築に増築を重ねた外観から、軍艦島とともに並んで「日本の九龍城」とも呼ばれ、建築物探訪の名所のひとつとして知られる。



遠くから眺めても、屋上にそそり立つクレーンがよく目立つ。


アプローチからそのままスロープが立ち上がり、建物三階まで続く。これがまずこの建物のアクセスのしやすさと親しみやすさ、を演出している。そして建物南面には居室ではなく廊下がめぐり、この廊下には洗濯物がはためき、プランターにはアロエやサボテンがもじゃもじゃ育っている。増築に増築が重ねられた建物全体を歩き回っていると、ギリシャのサントリーニ島の斜面に広がる集落を歩いた時の経験が思い出された。


屋上部分には沢田さん一家の住宅があり、テラスには地上と見まがうようくらい、土が敷かれて植物や樹木が繁茂している。


屋上には建材などを吊り上げたとおもわれる手製の!クレーンがあり、野菜の育つ畑と、なんと鳥小屋まであった。

その後、坂本龍馬記念館へ。


この印象的なファサードは、ほとんどの人が目にすることがなく、また内部空間からもあまり感じられることが無かったのが残念。


ふたつのボリュームの交点に生まれたガラスの面にも構造体がガシャガシャと現れてしまっているなど、僕には???に感じる点が多い建物であった。


その後足を伸ばした桂浜は、太平洋からのブアツイ波が押し寄せる、気持ちのいい場所だった。背後に険しい四国山地を背負った高知という土地にとっては、この太平洋こそが世界へ開かれた扉だった、ということが今回の訪問でよく分かった。



しかし、高知はどこへいっても龍馬、龍馬だ。ただの草履にもこの調子で。

高知市内のギャラリーで行われている展示会「山田弐零零九」は、大学の立地する土佐山田市周辺の特有の地形や、古い地図から読み取ることのできた土地のオリジナルなコンテクストを、巨大な建築によって顕在化させていくという手法による、空想の都市計画の展覧会。展示の詳しい内容は、今後ウェブサイトにアップされる予定の内容にゆずるが、地域の空間を丹念にリサーチして、そこで得られた結果をもとに大変力強い空間のイメージが提示されている。実現を前提とした社会的なリアリティのある提案ではないが、そうでないがゆえに日常に埋没してしまっている地域の魅力を、具体的な空間として提示することに成功していて、こうした試みが地域の人々にどのように受け取られていくのか、とても興味深い試みだった。

翌日はこれまた内藤廣氏による牧野富太郎植物園の建物の見学に。
先日訪問した伊勢の海の美術館に比べると、スケール的にかなりこじんまりとしている割には、構造が複雑かつ大袈裟で、構造表現的すぎる印象を受けた。ぐるっと中央の庭を囲む軒下空間も、軒はきれいな曲線を描いているのに庭や回廊部分のデザインがうまくフィットしていないように感じられた。





展示ケースの一部に使われていたのが、高知県のローカルな素材である土佐漆喰。土佐漆喰と土を混ぜた「はんだ」とよばれる配合の材料を、ぐるっと塗り回した仕上げで、僕好みの漆喰仕上げの一つ。

そんな高知訪問。




| @日本 | 19:25 | comments(0) | - | pookmark |
遠足@伊勢
 日曜日は伊勢に向かった。二日連続の遠足ツアー。


まず、行きの車中でセサルが希望した、二見が浦の夫婦岩。ついた瞬間、セサルが「小さい!」と叫ぶ。彼はガイドブックに載ってた岩の上に鳥居がある写真を見て、それを通常の神社の鳥居のサイズであると考え、ものすごい巨大な岩の上に鳥居が建っているのを想像したらしい。しかもそれが強大な縄でつながっている、と。そういう期待をされると、さすがに伊勢では知られた名所の夫婦岩も荷が重い。


次は内藤廣設計の海の博物館。切り妻型の住宅を設計していることもあって、大変気になっていた。学生時代に完成直後に見に来てはいて、当時特に感銘を受けた記憶はないのだが、今回はその素晴らしさに脱帽させられた。アプローチを含めたランドスケープ、建物の配置、内部のストラクチャー、ディテール、厳しい自然にさらされた外装、建設から十数年を経てまるで民家のような佇み方だった。




その後、伊勢志摩スカイラインを走って展望台で足湯につかり、伊勢神宮へ。


五十鈴川を渡って参道へ。


巨大な古木の間の参道を歩く。



巨木の森の中に突如現れる、白いヒノキの肌がまぶしい神社のストラクチャー。



最後は赤福本店の赤福餅で締める。ここの店にある伊勢磨きと呼ばれる方法で赤く磨いたかまどは左官界では有名な存在。実物を見るとモロッコのタデラクトよりも美しく洗練された色と艶。伊勢の西川さんという職人さんが毎年の塗り替えを手がけているのだが、工法も京都の磨きとはかなり違っているらしく、大変興味深い。



ごちそうさまでした、ということで。
| @日本 | 17:29 | comments(0) | - | pookmark |
遠足@奈良
20日の土曜日、事務所のメンバーで奈良方面への遠足。吉村靖孝さんのオープンハウスを最終目標に、色々と寄り道をしながら。
まずは実は小学校の修学旅行以来、来ていなかった平等院鳳凰堂へ。


池の向こうから堂内部の仏像を拝む、という仕掛けは浄瑠璃寺と同じだが、建物の造形がよりドラマチックだ。今回は建物内部も体験できたのだが、両翼部分のスケール感とか、人が中に入ることを前提にしていない建築なので、かえって新鮮な体験。実は小学校の修学旅行で、僕は釣り針を持参してこの池のコイを釣り上げてちょっとした騒ぎになったのだが、今はなぜか池にコイは居なかった。


次に向かったのは慈光院。印象的なアプローチ。お茶のことを少しは学んだので、茶事の時の人の動きを色々と想像してみる。この書院は二畳ほどの小さな茶室へと至る動線の中継点なのですね。



次に法隆寺。セサルは金堂や塔よりも工事中の講堂の丸太で組んだ素屋根や、僧が住んだという僧堂のような簡素な造りの建物により興味を示している。






5時ごろようやく、吉村さんのオープンハウス。何とか日没前に間に合う。



家型の立面を並べた形式と傾けた屋根による採光は意図が明快でとても良かったし、傾斜した天井のスケール感も単調になりがちな空間に変化を与えていて、開口部なども細部まで気の配られたデザインだと感じたが、我が事務所のスペイン人二人は、家型が並んで建つという抽象的なイメージはプロジェクトならわかるが、それを実際の建築の細部まで徹底するのは違うのではないか、という感想だった。これは模型がそのまま建築になった(ように見える)日本の現代建築を見て、いつも彼らが言うことである。



最後に、奈良市内の遠藤秀平さん設計の車のショールームを見て、京都に戻る。そんな一日。



| @日本 | 16:18 | comments(0) | - | pookmark |
オープンハウスのご案内@津島市


このたび愛知県津島市に住宅が竣工し、お施主さんのご好意で内覧会をさせて頂くことになりました。当事務所としては約三年ぶりの内覧会です。もしお時間が許せば足を運んで頂いて、ご意見やご感想をお聞かせいただければ幸いです。

日時:2010年2月7日(日) 午後1時〜午後5時頃
場所:事務所ウェブサイトのNEWSをご参照下さい。

皆様にお目にかかれることを楽しみにしております。
| @日本 | 21:52 | comments(0) | - | pookmark |
ストーブ台の仕上げ@津島市
先日、モロッコ漆喰「タデラクト」で津島の住宅の薪ストーブ台を仕上げました。



これは軽量骨材入りモルタルで作った下地。



愛知県の腕利き左官職人 川口正樹さん、赤と黄色の顔料で着色したタデラクト石灰の塗り付けを開始。



おそらく日本で一番タデラクトに詳しい左官職人、大森基伊(もとよし)さんも、わざわざ東京からこの現場に参戦。



そして京都からは久住浩輔氏が参戦(右端)。



一時間ほどで、塗り付けが完了。



表面にノロを浮かせて、コテを当てるとだんだん光沢が出始めた。



大森さんが持参したタデラクトの磨き石コレクション。モロッコの職人さんにもらった一つ以外は、河原で拾ったり石屋さんで仕上げに使えそうなものを買ったりして増やしたそうな。



タイミングを見計らって、磨き石を当てて艶を出していく。



午後には名古屋の左官職人 坂井直幹(なおき)氏も参戦。ちなみに彼は愛知万博で好評を博した「サツキとメイの家」を手がけている。



他にも現地の職人さんが助っ人、見学にたくさん来てくれた。みんな研究熱心で、作業をしながら色々知恵を出し合って、うまく仕上げるための方法を議論しているところ。モロッコの漆喰とはいえ、気温や湿度や下地など全く条件が違う場所では現地と同じ方法は通用しない。現地の方法は参考にしながらも、日本の漆喰磨きの方法などを応用しながら、臨機応変に状況に対応していく様は見事というしか無い。



日が暮れるころには表面がピカピカに光りだした。



初日の仕上がりの様子。



翌日、再び現場を訪れて、黒石鹸を溶かした水を霧吹きで塗布して再び磨き作業。この作業で表面の撥水性能が飛躍的に向上する。その化学的メカニズムも現場で色々と話しているうちに、おおよそ理解できてしまった。これは日本の漆喰にも応用できるかもしれない。



最後にプラスチック製のヘラで、ツヤを圴一に仕上げる。
 


完全に仕上がった様子。ストーブに火を入れるのは、一週間ほど乾燥・硬化の期間をおいてからになる予定。二月上旬に、オープンハウスをさせて頂くことになりそうなので、乞うご期待。
| @日本 | 21:26 | comments(0) | - | pookmark |
五角形のテーブル@木印


津島の家のテーブルが完成。家具職人溝上吉郎さんの工房にて。
| @日本 | 13:08 | comments(0) | - | pookmark |
ホタル壁@ラトナカフェ


昨日はラトナカフェにてもろもろの相談。写真は坪庭に面した鉄粉入り土壁、通称ホタル壁。久しぶりに土壁を塗りたい気分になる。



本日は愛知県津島市の現場で完了検査。まだ残工事はあるものの、来週いっぱいで引き渡しの予定。写真は建物中央部分のフローリング。
| @日本 | 00:08 | comments(0) | - | pookmark |
左官工事@津島市





しっくい仕上げが始まりました。すごく難しい仕上げになりますが、愛知県の腕利きの職人さんが集まって来てくれています。
| @日本 | 16:07 | comments(2) | - | pookmark |
カタロニア・ボールト@バルセロナ・パビリオン


昨晩は、鈴木謙介 藤村龍至氏によるキックオフ・ミーティング「『1995年以後』を考える」のあと、AD&A galleryにて「ARCHITECTURE AFTER 1995」展オープニング。僕にとって1995年はちょうど海外を放浪している時で、ヨルダンからエジプトに向かう紅海上の船の上で、阪神大震災のニュースをエジプト人から聞き知ったことなど思い出す。卒業後は左官職人として建設現場に身を置いていたこともあって、その後のインターネットの普及にもほとんど縁がなく、自分のメールアドレスを持ったのもパソコンを購入したのも2000年になってから、という、かなり遠いところから『1995年以後』の状況を眺めていた、というのが実情です。

そんなことから、今回展示しているのはちょっと日本の建築とは馴染みのない、レンガ積みドームの模型、レンガを積む左官職人のコラージュ、レンガ建築の歴史をまとめたリーフレットの三点セット。リーフレットを見てもらうと組石造でドームをつくる技術の歴史的、地域的な広がりが一目で分かりますが、『1995年以後』の状況においても世界の一部の地域でレンガ建築は有効であり、また今までにない建築が生まれる可能性がある、ということが伝えられれば、と思っています。

最後に、リーフレットの末尾に付した文章を載せておきます。コルビュジエ設計のジャウル邸にレンガボールト天井が使われているのは有名な話ですが、ミースの建物にも使われていた、しかもおそらく本人も知らないところで、という興味深い話。

「バルセロナパビリオン (1929年 ミース・ファン・デル・ローエ設計)は近代建築の傑作として名高いが、実は建設当時の逸話で興味深い話がある。建設を請け負った当時の現場監督ファン・ベルゴス・マッソ氏によると、当パビリオンの大理石張りの基壇は工期の不足からミースの望んだ鉄筋コンクリート造でなく、当時バルセロナで広く使われていたカタロニア・ボールト工法というレンガ造でつくられたというのである。

このカタロニアボールト工法は中東、アフリカ地域のレンガ積み技法を起源に持ち、20世紀にはさらにスペインから南北アメリカ大陸に伝わって、マイノリティながらもインターナショナルな広がりをもつ技術の一つである。ミースの構想したユニバーサル・スペースは、スチールとコンクリートという世界のどの地域でも成立可能な素材によってその普遍性を担保されるはずであったにもかかわらず、その試みを実際に支えたのが別種の普遍性をもつローカルな技術だったという事実からは、近代建築を批判的に乗り越えるための示唆を与えてくれる。

「ブリック・ポッド」は、カタランボールト工法をはじめとする世界のいくつかの地域に伝わるレンガ造ドーム工法を用いた、タワー型ドームのプロジェクトである。積み上げたレンガを型枠や下地として、その上に繊維補強モルタルを塗り付けることで、組石造に適さない地震地域でも安全な構造体を建設することが可能となっている。この工法はスチールやコンクリートのようにあらゆる地域で使い得るものではないが、世界の一部の地域では現代でも非常に有用であると考えられ、このプロジェクトはその「マイノリティ・インターナショナル」ともいうべきレンガ建築の可能性を表現したものである。」
| @日本 | 16:32 | comments(0) | - | pookmark |
天井の光@津島市
津島市の現場で打ち合わせをしてきました。



サツマヨシの天井が貼られて、外部の光が天井で反射しながら美しく内部に広がっている。めっちゃきれい。壁の左官工事では、久住氏が漆喰を塗ります。



外部は板金工事が終わりました。
| @日本 | 16:21 | comments(2) | - | pookmark |
<< | 2/9PAGES | >>