CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
バードハウス制作追記@静原
その後、バードハウス展は無事に終了し、その後の出展者の懇親会もとても楽しい会となりました。会場に来てくださった方々、出展に声をかけていただいた畑さん、牧野さんに感謝、です。

今回はモロッコ漆喰「タデラクト」を自分の手で仕上げてみる、という経験ができたことが一つの収穫だったのですが、もう一つの大きな収穫は制作プロセスで生まれた「形のイメージ」とその形を合理的に成り立たせるための「制作の技術」、そして「素材の性質」が一つの環のようにつながって、お互いがお互いの特徴を引き出し合うような関係の中に作品を位置づけることができた、ということのような気がしています。



形のスタディは最初は針金を曲げてつくった模型で行っていました。



そのイメージのもとにはバルセロナのアントニオ・ガウディ設計「カサ・ミラ」の屋上の煙突の形がありました。この表面も、顔料で着色したしっくい仕上げになっています。

ただ、先ほどの針金模型は形のスタディには向いていますが、実際の制作方法としては色々と問題があります。当初は模型の制作方法の延長で、スチールのフレームで作った形に金網を貼ってモルタルを塗ろうと思っていたのですが(ゲーリーの建築はこの作り方ですね)、鳥かごのスケールでは、スチールのフレームを正確に曲げ加工し、しかもそれを変形しないように保つのが至難の業です。発泡スチロールを削りだしてモルタルの下地を作れなくもないですが、あまり建築的な作り方ではないのでそれはやりたくない。



そこで考えたのが薄い面材を積み重ねて立体を立ち上げ、左官の下地にするという積石造の考え方。よく見るとカサ・ミラの煙突の形も複雑な立体でありながらも、水平方向の断面形状は常に単純な多面体で、それが立体化してできていることがわかる。それはつまり、これをつくった職人さんにとっても墨の出しやすい、つまり作りやすい形だった、ということです。



加工のしやすさから下地の素材はスチレンボードがいいだろうと考えていましたが、モルタルが下地に接着するには断面に凸凹があり加工もしやすい段ボールがいいだろうと思いつき、「段ボール下地工法」が生まれました。いつかこの工法で人間の使う建築も作ってみたい。中に入る鳥や人間たちにも居心地が良さそうだし。

展覧会後の懇親会でもその話題でもちきりだったのですが、一年後どのバードハウスが一番人気か、ものすごく気になるところです。

| Tadelakt Flower | 21:10 | comments(0) | - | pookmark |
バードハウス制作3@静原
初めてづくしの挑戦で色々と大変だったバードハウス制作ですが、無事に完成して本日引き渡しをしました。この企画の主催者である建築家の畑友洋さんにわざわざ静原まで来ていただき、丁寧に梱包して神戸までの運搬をお願いしました。

他のプロジェクトの合間を縫うようにスタディをして、仕上げは丸一日かけてタデラクトと格闘し、モロッコの職人には負けますがなんとかお見せできるものにはなったかなあ、という感じです。肩の荷が下りました。

他の方がどんな鳥の巣をつくっておられるのか、全く情報がないので、会場にいくのが楽しみですね。引き渡し前に写真を撮影したので、ここでその一部を紹介します。塗ったばかりのときの鮮やかな色が少し落ち着いて、かわいらしい色合いになりました。









| Tadelakt Flower | 20:39 | comments(0) | - | pookmark |
バードハウス制作2@静原
バードハウスの仕上げ作業を行いました。この仕上げに使う材料は、「タデラクト」と呼ばれるモロッコのマラケシュでつくられた石灰で、とても水に強くて美しい艶のある漆喰に仕上がります。一昨年の夏、スペインからマラケシュを旅行で訪れ、現地の職人さんとタデラクトの仕上げ作業にも参加させてもらったのですが、日本での再挑戦は果たして上手く仕上がるかどうか。



まず、密封された袋にはいったタデラクト石灰の粉を、1.5ミリの篩(ふるい)で通して大きな粒を取り除きます。



着色用の顔料を、石灰に混入します。現地では赤や黄色や緑や青など、色んな顔料で着色されたタデラクトを見ることができます。今回は、赤と黄色の顔料を使いました。そして、水を混入して、よく混ぜます。



こんな感じに。この状態で、一晩置いて、石灰を寝かせます。



先日、ガラス繊維入りセメントでつくった下地の上に、コテでタデラクトを塗り付けていきます。厚みは3〜4ミリくらい、あまり厚く塗りすぎるとその部分が割れてしまうので、ある程度均一に塗り付ける必要があります。



次は赤色のタデラクトの塗り付け。



表面が三次曲面ということもあり、コテではなかなか綺麗に塗れないので、スタイロフォームの板を表面にズリズリとすりつけて、表面の凸凹を均一にしていきます。大きくて平らな面は大きくて平らな板で、曲面は小さめの板で。モロッコの職人さんも、木片を使ってこの作業をしていました。



ズリズリ作業のあとは、プラスチック製のコテを使って、表面を平滑にします。最初は鋼のコテで作業しようとしてうまくいかず立ち往生しましたが、プラスチックのコテは柔らかくて曲面に馴染むのでうまくいきました。



次は、タデラクトの仕上げの一番の特徴、「石」を使った磨き作業です。日本の漆喰は、鋼製のコテを使って表面をつるつるに仕上げますが、モロッコのタデラクトは硬度の高い「磨き石」を使って、仕上げ作業をします。この「磨き石」のすごいところは、自然石の表面の曲面を駆使して、平らな壁だけじゃなくてどんな三次曲面でも平滑に仕上げることができることです。僕も、モロッコで仲良くなったタデラクト職人に譲ってもらった磨き石で、仕上げ作業をしています。



表面を仕上げてしばらくすると、今度は現地のオリーブ石けんを水に溶いて、それを車のワックスがけの要領でタデラクトの表面に塗ります。この作業をすることで、タデラクトの表面の撥水性能が格段にあがって、水が染み込まなくなります。あとは、急激に乾燥させないように日陰に置きながら、タデラクトが硬化するのを待つだけ。

この赤と黄色のバードハウスは、4月2日から4月5日まで兵庫県立美術館の「バードハウスの建築家展」に出展します。展覧会後は、六甲山の高速道路脇の料金所跡地に、山の鳥たちのためのバードハウスとして設置される予定です。設置後はなかなか見ることができないと思うので、興味のある方は展覧会でぜひ。



| Tadelakt Flower | 18:27 | comments(2) | - | pookmark |
バードハウス制作1@静原
最近事務所でやっている内職、バードハウス(鳥の巣)の制作現場レポート。4月2日から兵庫県立美術館の「バードハウスの建築家展」に出展します。



段ボールを切って、六角形を作り、それを少しづつ回転させて接着していきます。



組み上がった段ボール。



上から見たところ。



この段ボールの固まりを下地にして、ガラス繊維入りのモルタルを塗り付けました。段ボールは水分を吸ってフニャフニャになるのですが、モルタルは逆に余分な水分が無くなって全体が締まるので、形が崩れることも無いのです。これは失敗覚悟でやってみてわかったことですが。



モルタルが硬化した状態の鳥の巣。段ボールの状態から、かなり雰囲気が変わり、滑らかな曲線が現れてきました。



上から見たところ。



残るは仕上げ作業。仕上げにはモロッコ製しっくい「タデラクト」を使います。
なんとモロッコからタデラクトを輸入して、販売してくださる方がいるのです。
その名も「クスノキ石灰」さん。空気膜型枠の左官ドームを作るときにも、材料を提供してもらいました。

モロッコでは職人さんと一緒に作業させてもらいましたが、自分だけで仕上げるのは、初めてです。下地の状態も作業する場所の気温や湿度も違うので、上手く仕上がるかどうか、かなり不安。ていうか、これ予備がないので失敗が許されないんですよね。。。。

という、かなり追い込まれた状態で、仕上げに向かうことになっています。
| Tadelakt Flower | 09:54 | comments(4) | - | pookmark |
| 1/1PAGES |