CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
気ままな散策@上海
 万博の翌日は上海の街を散策。十年一昔と言うが、現代の中国では10年経ったら別の街ってところだろうか。



市内一の繁華街の南京路は歩行者天国になっていた。そしてそれを埋める、人、人、人。銀座の人ごみなんて生易しいものじゃない。






南京路を離れ、古い露天商街のあった豫園に向かうと、建物はすべて建て直されて古い民家調のファサードを持つ、土産物街に変貌していた。古いものを再生するのは手間ひまもかかるから、全部取っ払ってもう一度同じ意匠で新築したらいいやん、ということだろうか。






土産物街を少し離れて周囲を探索していると、昔ながらの雰囲気が残る界隈を発見。
嬉しくなってずんずん奥へと進む。


食べ物屋の露天がたくさん出ている。


まずは何か食べようと、露天に着席。


水餃子風の食べ物を一杯。4元なり。南京路の食堂の食べ物と、値段が10倍くらい違う。わずか徒歩10分くらいの距離でこの格差。


人々の生活がにじみ出た路地。


蟹を売りながら寝ているおっさん。



野菜を売りながら見慣れぬ外国人にガンを飛ばすおっさん。


これまた路上にミシンを置いて、持ち込まれた衣服を繕っている女性。


店の中に生えている樹木が屋根を突き破って出ている、肉饅屋。


たくさんの家が、路上を布団干場にしていた。


この人、家の修理屋さんですかね。


ビルの改修現場の足場。まだ竹の足場があるんだ。


ジョイントはプラスチック製の平べったい紐みたいなもので、こうやって固定していた。なるほど。


植民地時代の洋風建築が立ち並ぶ外灘地区へ。黄浦江を挟んで超高層の林立する浦東地区。


ここもまた、観光客でものすごい人出。外国人も多いが、ほとんどは旅行ブームに沸く中国中産階級の人々。みな日本製のカメラを持っていて記念撮影に夢中で、かつてのように服装や持ち物で日本人と中国人がはっきり見分けられることもない。


外灘地区の洋風建築は、さすがにかつての栄華を忍ばせる豪華な造り。金色のモザイクや黒大理石。


入り口のドアの枠周りは色モルタルの見事な研ぎだし仕上げ。この頃の職人の技術は、どこの国の誰が伝えて、どんな人がこの仕事を手がけていたのだろうか?


エントランスの大理石階段の段鼻にも、滑り止めの細かな配慮が。

一日ひたすら歩き回って疲れたので、先ほどの庶民街で見つけた指圧屋さんで足の凝りをみっちり一時間かけてほぐしてもらって、タイムアップ。今回の中国出張は終わりました。
次回は零下二十度になるという、冬のオルドスへの出張となりそうです。。。



| @アジア | 15:54 | comments(1) | - | pookmark |
パビリオン行脚@上海万博
オルドスでの左官ワークショップを終え、上海へ。深夜のフライトがさらに4時間遅れ、上海着が朝の5時という。。。15年ぶりの上海は高層ビルが林立する巨大都市へと変貌していた。


ホテルにチェックインして数時間眠って、まずは上海万博へ。EMBT事務所から上海に常駐していたIgorに連絡して、現地で落ち合う約束をする。以前は無かった地下鉄に乗ると、日本よりも立派な二重ドアのホーム。しかし、電車が到着して乗客が降りるのを待たずに我先に電車に突入するチャイナ・メンタリティは健在なり。


万博会場は、終幕前の駆け込みツアーで凄まじい人出。人気パビリオンの入場は、5時間超とのこと。先ほどの地下鉄の入り口への殺到ぶりを見ているので、そんな中で5時間も待とうという気力はとうに失せている。しかし今回はスペイン館を設計したEMBT(エンリック・ミラーリェス+ベネデッタ・タグリアブエ)事務所のスタッフのお陰で、スペイン館を隈なく見せてもらうことができて、強烈な外観ばかりが紹介されているこの建築の内部空間の魅力も十分写真に収めることができたので、それを紹介したい。


会場に着くとまずはスペイン館へ。正面のパティオは人々を迎え入れるように誘うしかけだが、そこに到達するまでには5時間の苦行が強いられるという、設計当時には思いもつかない現実。


外壁の籠編みパネルは雨に洗われて、竣工当時より少し色が褪せている。


それでもやはり自然素材、いくら汚れても色あせても、まったく気にならない。





長者の列の周囲を回って、建物の裏側へ。ここにVIP専用入り口があって、氏名を伝えると既にリストに名前があってすんなり中に通してもらえた。


正面にまず、上階へ向かうためのゆったりした曲線を描く階段が見える。白い壁とミンブレ(籠編み)パネルとの色の対比が美しい。


パティオに面する壁は、鉄骨のストラクチャーとガラスを挟んで両面にミンブレのパネルが張られていて、パネルを透過した日差しが木漏れ日のように床に落ちている。日本の簾や、アラブの街路を覆う日よけを思い起こさせる。


天井見上げ。


音楽ホールからレストランに続く縁側のような廊下。


ドアハンドルの形が、EMBTらしい自由な造形。ドアの板材は二色に着色した竹の集成材で、ドアの模様が建具枠までつながっている。


パネルの取り付けディテール。単純明快。


レセプションのカウンターも竹の集成材。数種類の曲率にあらかじめ加工しておき、それらを組み合わせて独特の造形を成り立たせているとのこと。ここでIgor登場。初対面なのに長年の親友のような歓迎ぶり、いきなりの抱擁。やっぱええわあ、スパニッシュ・メンタリティ。しかも彼は南米ベネズエラ生まれなので、さらに磨きがかかって陽気だ。


彼の案内で二階へ。曲面の壁に挟まれた空間を、それに沿うように微妙に曲がった階段で上へと導かれていく。


上から見るレセプションスペース。一般の見学者はカウンターの向こうの入り口から、一瞬この空間を垣間みるだけなのがもったいない。


階段の三階踊り場から見る、カフェスペース。


踊り場から扉を入って、管理スペースへ。


出資企業の入る小部屋の続く廊下。


三階の会議室。


内側から、ガラスカーテンウォール、スチールストラクチャー、ミンブレパネル。


一階に戻って、通常の見学スペースへ。まずはスペインのアルタミラの洞窟や闘牛、フラメンコ、ピカソの絵画などの文化をダイナミックに紹介する、映像スペース。建築家としては、内部空間の面白さがほとんど体験できないのが残念。


続いてスペインの都市の歴史を映像で紹介する第二ルーム。ここも、クローバー形の平面が螺旋状に上昇するダイナミックな空間なのだが、それが全く体感できずもったいない。


第三ルームは、未来を象徴する赤ちゃん、それも6.5mの巨大赤ちゃん人形を展示しているスペースで、ここが唯一、一般見学者が内部空間を体験できる場所。





パティオに面した巨大なひさし状に張り出した壁の下は、カフェスペース。ここはあの恐怖の5時間待ち長蛇の列を経ず、すぐに入れる極上の場所。強烈な日光を避けて会話を楽しめる、スペインの街角にいることを錯覚させるような場所。


基本設計当時から「どうやって支えるんだろう?」と不安だったこの屋根を支えるストラクチャーは、実現したものを見るとまさに力業であまり美しいとはいえないが、その結果生まれた空間はまさにスペインライフの一部をこの敷地内に体現している。


カフェの室内部分。こちらも頭上から木漏れ日のような光が降り注ぐ、気持ちのよい空間。



基本設計でこの建築の出来上がるプロセスに参加して、その後でき上がった空間を体験しての感想は、やはり彼らは形に関するセンスが抜群で外観だけでなく内部空間まで、しっかりとその形の魅力を生かした空間を産み出すことに成功していて、その事実に感服した。予想以上だった。

模型でスタディして生まれた形を、どうやって構造とすりあわせ、現実のストラクチャーとして成立させていくのか、その実施設計の過程における形やプランの変容にもとても興味があったのだが、基本設計当初とほとんど変化は無く合理的なストラクチャーよりも形を優先していることがはっきり見て取れて、その点は自分の今の考え方とはかなり隔たりがある。

一方で、そのストラクチャーを覆う籠細工のマテリアルは、ベネデッタも設計意図として解説しているように、スペインのミンブレという伝統工芸であると同時に、世界のほとんどの地域に存在していて、ローカルであると同時にインターナショナルな素材である。事実、この建築のパネルは中国北部、山東省の籠職人が編んだものだそうだ。そうしたローカルかつインターナショナルな素材や技術を、新しいファサードのマテリアル、施工技術として復活させ、その魅力を再発見するようなアプローチは、とても共感できる。このプロジェクトに関わることができてよかった、そう思える建築だった。


カフェの椅子は、おなじみのEMBTチェア。ここでIgorからスペインパビリオン建設にまつわる色々な話を聞きながら食事を楽しみ、その後各国パビリオンの見学に。もちろん外観だけ。


今回の万博でスペイン館と並んで注目の英国館。室内から突き出しているアクリルバーによる独特の外観はさすがに印象的。オーソドックスな建築的とは言えないのかもしれないがアクリル棒を通じて内部に光が射すという内部空間を体験できないのが本当に惜しい。


続いて建築家には注目のデンマーク館。これも外観だけだが、螺旋の足下の空間など、なかなか興味深い体験が出来そうだった。

各国のパビリオンの見せ方としては、「外部も内部も建築空間で勝負」派と「外部はそれなりにインパクのあるものをつくっておいて、内部は映像とか別物で勝負」派に分かれる。建築で勝負するのが王道とは言わないが、展示の方法にはその国の文化的センスが色濃く反映するものだし、その国における建築の社会的位置づけを伺い知ることができる。イギリス館、デンマーク館は前者。スペイン館は映像の内容はそれなりに印象的だったが、映像主体の展示という点では凡庸だったで、ほとんどの見学者は後者の印象を持つと思うが、規模が各国パビリオンの中でも最大級ということもあり、その他の空間を体験すれば前者に入れてもいいものだと思う。日本館も一応見には行ってみたが、三秒見て素通り。日本が万博という場に対して建築で勝負していないことが、日本の建築家としては残念だった。


夜は上海の古い街区の中にある、EMBTの上海事務所を訪問。既に中国でのプロジェクトが複数件、進行中らしい。その後、上海在住のスペイン人建築家、ミュージシャン、ギャラリスト達とIgorの誕生日会を兼ねた夕食会。Cumpleaños feliz〜〜〜」の歌声が、上海の片隅の中華料理店に響き渡るのであった。









| @アジア | 16:05 | comments(0) | - | pookmark |
砂の左官壁@内モンゴル自治区

10月12日から16日まで、中国内モンゴル自治区オルドス市がリゾート地として開発している砂漠に行ってきました。それほど極端に雨が少ない場所ではないのですが、地質の関係か、川をこえると突然この写真のような砂丘が見渡す限り広がっています。


国内旅行ブームに沸く中国各地から、この砂漠の景観を楽しみに大勢の観光客が訪れていている。砂漠を歩き回って靴が砂だらけにならないように、ほとんどの中国人はこのミッキーマウスがはいているみたいなお化けソックスを履いているんだが、ちょっと間抜けで笑える。


砂漠の中に建設中の、ホテル。鉄板でつくった壅壁の砂止めの上に軽量鉄骨造の平屋の建物が段々状に建つ。とはいえ、まだ基礎工事が終わったばかりなのに、来春完成予定という信じられないスケジュール。


まずはクライアントの社長と重役に会い、持参した左官壁のサンプルを見てもらう。白セメント系、漆喰系、土系それぞれのサンプルを見せて意見を聞くと、砂漠のイメージを壁にしたいので、ワラが入っているようなテクスチャーはあまり相応しくないとのこと。右はホテルの設計を担当している前田さん。


その後、ノートパソコンの画面で僕の日本での仕事を見てもらう。Concrete-PodとかSAKAN Shell Structureなどの、左官ドームに興味津々。すぐにでも何棟か建ててくれと言われそうな勢いだ。


その後、砂漠を見に行く。砂漠の砂って本当に粒子が細かくて、わずかな風でも砂が壁に舞って、綺麗な風紋を描いていく。


風紋の形には色んなパターンがあって、見ていて飽きることが無い。


砂の粒子が想像以上に細かくて、土や石灰で固めてしまうと砂の質感がほとんど失われてしまうように思えたので、まずは日本から持参した粉末糊と砂を練って壁に塗れるような状態にしてみた。日本でいう、「砂壁」と呼ばれる仕上げにあたる。


鏝板で様子を見てみると、砂の質感も失われずに色の違う個々の砂の粒子もよく見えて、いい感じだ。


サンプル用に石膏ボードに塗り付けてみる。砂の粒子が一定に揃いすぎていて、結構塗りにくい。もう少し糊の配合を変えないと、大きな壁は難しそうだ。


また、下塗り用の石膏系の塗り材も中国では手に入らなさそうなので、普通の焼き石膏を持ってきてもらって、骨材やメチルセルロースなどを混ぜて左官材料として使えるように調整してみる。今回一緒にオルドスへ来た、前田さん、河村さん、國廣さんはみな実務経験も豊富で現場慣れしていて、特に指示しなくてもこまめに動いて下さるので、作業がはかどって調合と仕上げを変えたサンプルをどんどん量産していく。


砂漠の強烈な日光の下に置いて、乾燥させてみる。


砂漠の砂を使った砂壁の乾いた状態はこんな感じ。


粉末糊ではなく、日本から持参した土を使って砂を固めてみた。やはり砂の質感が失われて、土の印象が強くなってしまうのでNG。白セメント系のサンプルも同様。


食事はもちろん、中華料理。内モンゴルは羊肉を使った料理が多い。麺が手打ちで、コシがあっておいしい。そしてヨーグルトも味が濃くておいしい。食べ物がうまいと、仕事もはかどる。


小さなサンプルを社長に確認してもらって、やはり一番印象の良かった砂壁を中心に、大きめの壁を塗ってみる。中国の不慣れな職人を想定するため、前田さん達にも塗ってもらって作業性を確認し、調合を微調整する。


日本から持参したステンレス鏝(ごて)で、表面を整える河村さん。


砂壁表面に意匠的な変化をつけたいとのことだったので、鏝で模様をつけてみた。これは職人の感性が問われるので、難しい作業になるだろう。


これは、小石まじりの砂が風に吹かれて、小石が砂の表面に現れて出来た表情。


三日目の夕方にようやくに顔料が手に入ったので、砂の色に似せて白セメントを顔料で着色して、小石まじりの砂と練り合わせて、洗い出しのサンプルをつくる。


最終日に、社長はじめスタッフの方達と仕上げの方向性についてディスカッション。


社長は砂壁のサンプルを気に入ってくれたようで、これで何とか現場を進めることになりそうだ。左官仕上げになる予定の壁面は、なんと9000平米。現地の職人だけでうまく仕上がるか不安は尽きないが、来春の完成までに何度か中国に通って、調合の調整をしたり、技術指導をしたりする予定。

京都で学んだ左官の技術が世界の色々な風土や価値観、素材や職人と出会って、その地域固有の色々な建築の可能性を花開かせていく現場に立ち会えるのは、本当に面白い。
| @アジア | 10:11 | comments(1) | - | pookmark |
再訪@北京
 実に17年ぶりに北京の地を訪れています。今回の渡航は北京で活動する中国人、韓国人、日本人からなる建築アトリエUAAからの依頼で、中国内モンゴル自治区で建設中のホテルの内装に、現地の砂漠の砂を使った壁仕上げを現地の職人さんで行うための左官技術の指南役として。5年前からいるUAAのスタッフの方でもすごい変化だというこの北京では、17年前の面影なんて探すのに苦労するくらいの変わりよう。

今日は午前中はUAAの國廣さんと北京市内を少し散策して、午後から事務所内で自分の手がけた建物を含めての左官技術のレクチャー、その後UAAの方々とちょうど北京の大学でのレクチャーに来ておられた遠藤秀平さんを交えての夕食会。明日からいよいよ内モンゴル自治区のオルドスという街へ飛びます。日本から持参した左官道具と壁のサンプルを抱えて。さて、どんな壁を塗れるのか。
| @アジア | 00:00 | comments(1) | - | pookmark |
スペインパビリオン@上海万博
 上海万博のスペインパビリオンが完成しているようです。DEZEENのサイトで見ることができました。基本設計のチームには僕の名前も見える。

コンペ時に、ボスのベネデッタはミンブレmimbre(スペイン語で「枝編み細工」の意味)を使いたいと言っていて、それでコンペに勝って設計を進めることになったのだが、基本設計当時は、こんな扱いにくい素材でディテールをどうコントロールするのだろうと思っていた。
実際に出来上がってみると、細かいディテールのことは吹っ飛んでしまって、やはりこの素材で正解だったように思う。

現地には行こうと思っているのだが、凄まじい混雑が予想されているようで、あの中国でこのパビリオンまでたどり着けるのだろうか、ちょっと自信が無い。
| @アジア | 20:19 | comments(0) | - | pookmark |
コップハンガー@マラッカ


こういうの、日本では見かけない。数がこれだけあると、何の変哲もないコップでも美しい。
| @アジア | 00:28 | comments(1) | - | pookmark |
トライショー@マラッカ
何か重いものを持ったわけでもないのに、突然「ぎっくり腰」ならぬ「ぎっくり背中」になったり、見積もりがなかなか予算に収まらなかったり、同時期に仕事の締め切りが集中したり、どうもここしばらく自分の運気が悪い。まあ、最低の状態のあとは上昇あるのみ、ということでひたすら頑張っていますここ数日の私です。

また、先週から名古屋芸術大学の女の子三人が我が事務所初のオープンデスク生として来てくれてます。やたらと手間のかかる書庫の模型制作をお願いしているが、明らかにこの人数にこの事務所は手狭な状態。やっぱり広い事務所が良いなあ。自分は「ぎっくり背中」を押して打ち合わせに出かけたり、事務所にあまり居られない日々。



この写真は、先日マラッカで見てきたトライショーと呼ばれる自転車タクシー。マレーシアの中でもここマラッカのトライショーは特に派手で有名らしい。これくらい派手だと、ちょっと運気の落ちている自分にも御利益がありそう、ということでアップしてみる。自転車にまたがっているのはカメラマンの渡辺慎一さん。横に乗せられてけなげにもカメラ向けの笑顔を作っているインド系の三人姉弟がかわいい。




自転車の後部には、思いっきりのベンツマーク。こういうなんちゃってマークとしてベンツは圧倒的に人気がある。BMWが使われることなんてまず無いし、最近人気のTOYOTAも、マークがダサイのかまずあり得ない。やっぱりベンツ。腐ってもベンツ。自転車にもベンツ。
| @アジア | 00:46 | comments(2) | - | pookmark |
先回り@イースタン&オリエンタル・ホテル


さすが高級ホテルは違いますね。「流してくれ」と命令するんじゃなくて、先に「ありがとう」と言ってしまうという。ある意味、気が利いてるのだけど、ある意味、気が早すぎて落ち着かない。だってまだ、用も足していないんですけど・・・。
| @アジア | 23:12 | - | - | pookmark |
タイル建築取材@マレーシア


海外建築取材の第2段としてマレーシアの古都マラッカ、ペナンへ行って来まして本日無事に帰国。ペナンの宿泊地は1885年創業の“イースタン&オリエンタル・ホテル”。シンガポールのラッフルズホテルで知られるサーキーズ兄弟によって建てられた(らしい)、海辺にたたずむコロニアル・ホテル。全室スイートタイプ、今までで泊まった宿の中で間違いなく最高に高級・快適なホテル。



マレーシアはイスラム教国だけあって、こんな超高級ホテルでも天井の片隅に礼拝で向かうメッカの方角を示す矢印があるのです。
| @アジア | 20:04 | - | - | pookmark |
青いタイル @ブルサ・トルコ
 先日某誌の編集長より電話があり、タイル建築の取材で海外に行ってもらえないかとの依頼。行きます行きますと二つ返事で引き受けて、うーんオレの得意分野は塗り壁系だけど、ええんかなちょっと違うような、いや、やっぱりタイルも結局土を焼いたものやし左官職人が貼るんやしオレしかおらんやろ、と納得・・・・・いやいやウソです、ご指名ありがとうございます。

というわけで、この件にかこつけてなかなか進まないトルコ出張の写真整理。今回は青いタイルで有名な街ブルサの建築。



これは、イシェル・テュルベ、トルコ語で「青い廟」という意味のお墓を納めた建物。外部の青いタイルは、イランのモスクのタイルのトルコ石色によく似ている。



内部はドームは白いドームに赤いラインが入っただけのシンプルなものだが、お墓や壁に貼られたタイルの色が今まで他のイスラム圏では見たことがないような深ーいエメラルドグリーン。タイルの形は六角形。



これは、イェシル・モスク、つまり「青いモスク」。平面の形は中央のドームの三方にさらにドームが連なるT型プランで、その後イスタンブールでオスマン建築の主流となる中庭型以前の過渡期のプランらしい。その後は中庭に配置されるようになる清めの泉は、中央のドームの下に置かれている。



プランの話もさておき、ここのエントランス脇にもこれまた珍しい深いグリーン色のタイルがある。下の方の色の違う部分は、おそらく後年の修復時に貼られたもの。同じものが作れなかったのだろう。



お祈りスペースのタイルは先ほどのイシェル・テュルベと同じ色の六角形タイル。ここではさらに珍しいことにタイルの上に日本の金泥のようなもので装飾が上書きされている。



これはムラーディエと呼ばれるオスマン帝国初期の墓所群。緑豊かな庭園の中にテュルベが点在している。イェシル・テュルベとは違って外観は石積みのまま。石の目地がレンガ色なのは、石灰モルタルの骨材に煉瓦の粉のようなものを使っているから。(いきなりコアな左官ネタですが)



ここのテュルベは内部をあまり公開していないこともあり、タイルの保存状態が完璧に近く、オリジナルの色を知ることができる数少ない場所だそうだ。これは内部にあったオリジナルのイズニック・タイル。鮮やかな赤色がイスラム圏では珍しい。



天井のドームの赤と青を基調にしたフレスコ装飾も色が鮮やかで、めちゃきれい。一般の旅行者でブルサに行く人って、結構珍しいんだけど建築に興味がある人は是非行くといいと思う。
| @アジア | 00:32 | comments(2) | - | pookmark |
| 1/2PAGES | >>