CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
左官ドーム@一年前
空気膜を膨らませたドーム型枠にモルタルを塗ってつくる仮設住宅Sakan Shell Structureを、ちょうど一年前に防災EXPO2008というイベントで、建設しました。2007年の3月に一棟目を建設することに成功して、これは2回目のトライアル。二日で建設して二日間展示、その後即撤収、という短期決戦への挑戦でした。僕はまだスペインに滞在中で作業には参加できなかったのですが、最近ようやくそのときの施工写真のデータをもらったので、遅まきながらご紹介します。



これは、空気膜を地面に固定するための合板のフレームの設置風景。砂をつめた土嚢袋は、空気圧で浮き上がる合板を押さえる重しの役割。



ドーム型の空気膜を合板のフレームに固定する。



ブロワと呼ばれる簡単な送風機で空気膜を膨らませる。



ドームの形に空気膜が膨らんだところで、麻のネットをかぶせる。これは、モルタルが硬化するまで空気膜の表面から滑り落ちないようにするための工夫。



薄ベニヤとコンパネで作ったフレームを設置。この部分がドームの開口部になって、出入り口になるシート膜はコンパネにビスで固定できるようになっている。



モルタルの塗りつけ作業を開始したところ。今回使ったのは白セメントとパーライトという軽量骨材、クラックを防止するガラス繊維。あと、気温が低いので職人さんの判断でセメントの硬化促進剤も混入したとのこと。全体に均一に10ミリ程度塗り付けて、一日目の作業は終了。



二階目の塗り作業。昨日のモルタルはしっかり硬化しているので、今回は厚みを増して強度を確保することと、表面を見栄えよく整えることが目的。



塗り作業が完了し、足場を解体したところ。



翌日には上に乗っても大丈夫な強度があったようだ。楽しそうな雰囲気が伝わってくる。

滋賀県立大学に一棟目の実験ドームを建設したときと比べて、作業の勘所もわかって久住氏をはじめ職人さんは色々と問題点を改善するための工夫をしてくれているのがよく分かる。おそらく足場ももっと簡単なもので済ませられるだろうし、モルタルの配合にも改善の余地がある。やはり技術は現場での経験をフィードバックして進化していくのだなあ。課題ももちろんたくさんあるのだけど、これからも色んな機会を経てこの技術をどう発展させていくか、楽しみながら取り組んでいきたい。
| SSS Project | 16:32 | comments(4) | - | pookmark |
Sakan Shell Structure@防災EXPO2008
空気膜を膨らませたドームにモルタルを塗ってつくる仮設住宅Sakan Shell Structureを、1月19、20日に神戸のJICA兵庫「国際交流広場」で建設します。数年前にコンペで入賞したアイデアをもとに、住宅総合研究財団などから助成を受けて、大学との共同研究の形で進めてきたプロジェクトです(詳細は新建築住宅特集07年9月号などに掲載されています)。今回は、防災EXPO2008というイベントで、仮設のシェルターを造るワークショップの一環として参加しています。

左官技術が本来あらゆる人にとって身近であるように、このドームも基本的には素人が自力で建設できるような、そんな技術の開発をめざしています。ただ、まだ解決すべき課題もある技術なので、当日は淡路島出身の腕利き左官職人、久住鴻輔氏も作業に参加してくれるようです。僕はスペイン研修中は基本的に一時帰国ができないことになっていることもあり、今回は参加できませんが、、、。もし興味のある方は、ぜひ足を運んでみて下さい。


| SSS Project | 07:42 | comments(2) | - | pookmark |
SSS project@新建築住宅特集など


3月に実験棟が完成した災害仮設住宅の共同研究プロジェクト「SSS project」が「建築ジャーナル」誌8月号,「新建築住宅特集」誌9月号,「住宅建築」誌9月号、「コンフォルト」2007年10月号・No98に掲載されました(といっても実物は「新建築住宅特集」しか見てないんですが)。空気膜を型枠に、左官職人がつくるドーム形の仮設住宅です。全国の左官職人さん、ご注目ください!「新建築住宅特集」と「住宅建築」の誌面ではプロジェクトのプロセスの詳細も解説しています。ところでその「コンフォルト」の目次を見たら、「しっくい浅原」での兄弟子・矢野孝太郎氏が出てるじゃないですか! 見たい!!! 孝太郎さん、元気〜?
| SSS Project | 20:32 | comments(1) | - | pookmark |
SSS竣工@滋賀県立大学
日本から、災害時の仮設住宅研究プロジェクト「SAKAN Shell Structure」実験棟の竣工写真が届きました。先日の外部の仕上げ作業の後、内部を紙張り仕上げにして、土間を伝統的な左官仕上げの三和土(タタキ)にしています。アーチ形の開口部は、テント膜(寒冷地ではウエットスーツ用の断熱素材を使用する予定)を取り付けて、ジッパーを上げ下げして出入りします。
五月に撮影したこともあって、なんだかとても爽やかな写真になってます。



外観。開口部のシートをつける前。



内観。ロクタ紙張り。



夜景。
| SSS Project | 06:15 | comments(0) | - | pookmark |
実物大ドーム建設@滋賀県立大学
ずいぶん時間が経ってしまったトピックですが、3月10日と14日に滋賀県立大学で空気膜の型枠を使った左官ドームを造ってきました。昨年から共同研究を続けてきた災害時の仮設住宅の研究プロジェクトです。





構造解析・1/3モデルの載荷実験などのは順調に進んで、最後は空気膜の型枠をどう設計するかが難関だったのですが、膜メーカーの小川テックの技術者さんの協力で見事にドーム形のバルーンが立ち上がる。



開口部となる合板製のリブ型枠を取り付ける。



モルタルが硬化するまでの下地となる、麻ネットをバルーンの上にかぶせている。





モルタルの塗り付け。一日目の作業はモルタルを塗り付けるところまでで、このモルタルが硬化してから、バルーンを撤去して仕上げの漆喰を塗ります。



4日後、バルーンを取り外すと同時に仕上げ作業を行う。モルタルの厚みはドーム下部で30ミリ、上部ではわずか15ミリですが、上にのぼって作業をしても十分な強度がある。



漆喰の塗り付け。今回使った漆喰は、フランスから輸入した水硬性石灰(NHL)という耐水性に優れた石灰を材料に使っています。



漆喰の乾燥後、リブ型枠にテント膜の開口部を取り付けたところ。
あとは内装の仕上げをして、完成となります。
| SSS Project | 01:36 | comments(0) | - | pookmark |
SSS試し塗り@滋賀県立大学


昨年から取り組んでいる、空気膜を型枠にした左官ドームの研究は1/3モデルの強度試験を終えて、いよいよ実物大ドームを建設する準備中。9月30日に、滋賀県立大学の構内で協力会社の小川テックさんから借りた空気膜のバルーンを使って、実際の施工手順で左官ドームをつくる試験施工を行いました。写真はバルーンを送風機でふくらませているところ。借り物なので、形がちょっと不格好なのだけど。



空気膜にセメントが付着しないよう、いったんビニールのシートを被せた上に、麻のメッシュを被せる。これに軽量セメントモルタルが引っかかって、ドームの下地となるわけです。



塗りつけ作業。一部分だけモルタルを塗らずに、ドームの入り口にします。作業中、ドームの片面だけを塗り進めていたら、カツラがずり落ちるように麻のメッシュが滑り落ちそうになり、周囲を均等に塗り進めないとバランスが崩れてしまう、という教訓を得ました。




いったんドーム全体に15ミリくらいの厚みで塗りつけ、ドームの下半分は強度が必要なのでもう一度モルタルを塗りつける。

夕方に作業が終わり、モルタルがある程度硬化するまでの時間、すぐ脇の建物で麻雀をして時間つぶし。中国留学から帰国したばかりの川井くんに西安仕込みの麻雀でヤラれる。深夜にはモルタルがかなり硬化したので、送風機の電源を切って、フラフラになりながら京都に帰ってきました。



翌日送られてきた、空気膜を取り外したあとのドームの勇姿。そもそもの空気膜の形が本来のイメージとは違うので、なんだかオバQみたいな形になっていますが、2002年のコンペのアイデアがようやく形になったということで、感慨深いものがあります。
| SSS Project | 10:57 | - | - | pookmark |
SSS打ち合わせ@事務所


SSS(SAKAN Shell Structure)PROJECT の打ち合わせを山本直彦氏、小澤雄樹氏、柳沢究氏、小沢研の石塚君と事務所にて。超薄型コンクリートシェルの構造的性能については実験でいろいろ明らかになってきたので、今後は仮設住宅として住み方の提案と開口部のデザインを集中的に行うことになる。また、今年の秋に向けて実物大のシェルの建設の準備も進めていく予定。

写真はとりあえず現時点での成果をまとめるために作成した模型。打ち合わせ後、定食屋「大銀」にて小澤さんから日本の著名な構造事務所の仕事の進め方の違いだとか、協働した建築家の事務所の特色だとか、色々伺うことができた。構造事務所に勤めていた人の話は、一つのアトリエ事務所にいた人よりいろんな事務所の仕事の進め方を比較しながら語ることができるから、参考になる話が多い。
| SSS Project | 23:00 | comments(3) | - | pookmark |
SSS鉛直載荷実験 @立命館大学


 立命館大学構造デザイン研究室にて先日作ったSSSの1/3モデルの構造実験。全体に荷重が均等に伝わるようにドーム内部に仕掛け(トーナメント方式と呼ばれる)を作り、一番下の箱に少しづつ砂を加えていく。



 ドームの表面にはコンクリートの歪み測定用のテープが貼り付けられ、荷重を加えられるに従ってドームのどの部位がどれくらい変形しているかがわかるようになっている。それにしても、4ミリは薄い!




 荷重が80キロを超えたあたりで、「ぴしっ」という音がしてその後「ぴしぴしがしゃーん」という感じでドームは崩壊。でも、僅か4ミリの厚みのコンクリートドームが、大人1人分の重さに耐えるというのは正直驚き。これを見たあとでは今夏作った「Concrete-pod/コンクリート・ポッド」も重苦しく見えてしまうくらい。
| SSS Project | 13:06 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
SSS脱型 @立命館大学


 SSSprojectで協同している構造家の小澤雄樹氏から、先日製作した1/3モデルの型枠をはずした様子が送られてきた。あまりの薄さに(4ミリ)型枠を外すときに壊れてしまうのではないかと心配していたのだが無事だったらしい。

自分が撮った写真じゃないけど、嬉しくて思わずアップ。
めっちゃかっちょいい。
| SSS Project | 10:03 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
1/3 MODEL 製作 @立命館大学


 先日から製作していた構造実験用の1/3 MODELのスタイロフォームの型枠がようやく完成。今日はいよいよモルタルを塗りつけていく作業。前回つくったドームに開口部用の型枠がくっついている。



今回の1/3 MODELは純粋にセメントモルタルでどのくらいの強度があるかを測定するものなので、モルタルの塗りつけ下地にメッシュを使わず、比較的強度の弱い和紙を張っている。



飛び入りで製作に参加してくれた久住鴻輔氏と一緒に左官鏝でモルタルの塗りつけ開始。モルタルの厚みを正確に塗りつける必要があるので表面には厚さ4ミリにカットした板状のスタイロフォームが虫ピンで固定してある。



虫ピンを抜きながらの作業なのでちょっと面倒だったが、一体分のドームはわずか15分ほどで塗りつけ完了。なかなかチャーミングな形のドームに仕上がった。



水分が蒸発してセメントが硬化不良を起こさないよう、サランラップを表面に張って湿潤養生。一ヶ月後にどれだけの垂直荷重に耐えられるか、実験をする予定です。






| SSS Project | 14:04 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/2PAGES | >>